FC2ブログ
post image

コルベット 色見本

1981年式コルベットの色見本ですが、OEM Code 75 Redで塗料を用意してもらっています。下地が白の状態で塗装を行っていますのでご注意下さい。※下地の色によって発色が変わります。トヨタのスーパーレッドⅡ(3E5)で塗った物と比べると僅かに明るいような感じです。...

post image

コルベット エンジンO/H①

当初は分解を行わずにヘッドやブロックの塗装を行っていましたが、急遽フルO/Hをする事になりましたので再度ブロックの塗装をやり直しています。ヘッドやオイルパンなどを外す際に一部塗装が剥げたので、バーナーで熱を加えながら残った塗膜を剥離しましたが、画像の通り一部塗膜が残ってしまいましたので次は剥離剤を使用しています。それでも細かな所の塗料が残っていましたので、再度熱を加えながら全てを取り除いています。こ...

post image

シボレーSB 現状報告

コルベットのエンジンですが、抜けていたロッカーアームの支点は熱を加え元位置にまで圧入し直しましたが、やはり不安だと言う事でヘッドの交換作業に入っています。しかしヘッドを外してみると冷却水の管理が悪かったためか錆でウォータージャケットが塞がっていました。ヘッド側も殆ど塞がっていて、ヘッドガスケットは一部が腐食して穴が開いている状態でした。なのでシリンダー内に冷却水が流れ込みシリンダー内に錆が見られる...

post image

コルベット エンジン塗装

エンジンの塗装を行う前にパワステポンプやウォーターポンプなど補機類の取り外しを行っています。ウォーターポンプを外した際に気が付いたのですが、クランクシャフトのダンパーがタイミングチェーンカバーに当たっていました。プーリーを外すとよく分かるのですが、ダンパーが奥側に抜けています。なのでこの箇所は予定にはありませんでしたが新品を取り寄せる必要があります。すべての部品を取り外し溶剤にてオイル等の汚れを落...

post image

コルベット エンジン取り外し

取り付けを終えていたマニュアルミッションやサイドマフラーを再度取り外してエンジンの取り外し作業に入っています。本日取り外し作業を終え分解に入っていますが、少しオイルスラッジによる汚れがあったり、クーラントが入っていなかったので水回りが錆びていました。それと並行してパテの研ぎ粉や雨水で汚れていた内装の清掃も始めています。車両置き場の奥にあった部品取り車も出して来ましたので、エアコンを含め部品の取り外...

Naoki Matsumoto
Page top