FC2ブログ
post image

RX-7 整備③

フロントスポイラーは今すぐ塗装に入れないので錆が出ないようにアンダーコートを塗装しています。それとチッピングコートが剥がれていた箇所は、新たにチッピングコートを塗装していますが元の物より凹凸が少ないタイプなので画像のようになっています。チッピングコートが乾いた後にシャーシブラックにてシャーシ全体の防錆処置を行っています。前後のタイヤハウスも底周りと同様に処置していますので、当面は錆びや腐食の心配は...

post image

RX-7 整備②

本日から下回りの錆び処理に入っています。まずフロントスポイラーにある錆びですが、裏から見る限り腐りは無さそうなので、塗膜を剥がしてスポイラーの状態を確認しています。錆びの跡はありますが、腐食はあまり無かったのでオリジナルのチッピングコートを取り除いてから防錆び処理を行っています。それと底周りのチッピングコートが剥がれた箇所を見る限り殆ど錆びは出ていないので浮いているコートを剥がして処理を行う予定と...

post image

RX-7 整備①

カーセンサーに載せているSA22Cですが、問い合わせで車両の状態や車検に付いてお問い合わせを頂く事が多いので、先週から整備に入っています。この車両にはエアポンプが付いていませんが、エアポンプレスの公認を取っていないので車検に当たってエアポンプを取り付ける必要があります。なのでこの車両用のエアポンプを取り寄せていますが、現在取り付け方法を思案中です。それと本来ならばエアポンプ以外にサーマルリアクターも必...

post image

RX-7 エンジンオイル漏れ

エンジンオイルが焼けるような臭いがすると言われていたRX-7ですが、下廻りから見る限りオイルが漏れて排気管などに付いている跡は見当たりませんでした。その際に気が付いたのですが、エキマニの接合部分にひび割れがありました。このマフラーはセンターマフラー部分にマフラーハンガーが無くエキマニのフランジ部分に負荷が掛かる構造なので早めの修理をお勧めします。それと冷却水漏れがあったので、今回はホースバンドのまし締...

post image

RX7 キャブ調整

アイドル不調で入庫していたSA22Cですが、アイドル回転が高かったのはスロットルの戻りが悪かったのが原因でした。本来ならリンケージなどをすべてやり変えた方が良いのですが、今回は元々付いていた物を調整してスムーズに動くようにしています。この後キャブの調整に入っていますが、前後で4kg/hの差が出ていますので、次回はリンケージの取り替えも含めキャブのO/Hに入った方が良いかと思います。※フロント側は10kg/hでした。し...

Naoki Matsumoto
Page top